レポート

【綺麗な海を取り戻せ!】「第0回夏泊半島大島クリーン作戦」に166人もの方が参加されました!!

20200922-DSC04708

先日のイベント記事でお伝えした「第0回夏泊半島大島クリーン作戦」

想像を大きく上回るボランティアのみなさんの参加、そしてゴミの回収の末、無事に完了したとのことです!!

■晴天の朝、ゴミ拾い開始

今回のイベントが開催された令和2年9月22日(火)

秋分の日だった祝日のこの日は、朝からとても気持ちの良い秋晴れでした。

平内町の夏泊半島大島のパーキング付近に設けられた「受付」では、来場してくれたボランティアのみなさんの検温、そしてマスクの着用お願い、などの新型コロナウイルス対策が行われました。

午前9時頃になり、主催団体の「BLUE PEACE」と、発起人である「ミハイ・フロリン・アポスト・太田さん」による挨拶と、本イベントの説明などが行われました。

任意で集まってくれたボランティアのみなさんで、安全に、そして新型コロナウイルス拡大防止を意識して、本イベントの決起となりました。

■晴天の朝、ゴミ拾い開始

今回のイベントは「第0回」と題された通り、あくまでも「実験的に」開催されたイベントとのこと。

しかしSNSやYouTube、そして海と日本プロジェクトin青森県の記事を見た、というボランティアのみなさんは、最終的に「166人」と、かなりの人数が集まってくれました。

夏泊半島の先端に突き出た大島までは、歩いて渡れる橋がかかっております。

そこをリヤカーで何度も往復をし、大量のゴミを運んでくれたみなさん。

また、地元平内町の漁業組合のみなさんにもご協力をいただき、大量のゴミをトラックで運び、処理をしていただきました。

参加された方の中には「初めて、夏泊大島に歩いて渡った」という方も。

みなさん「ゴミがこんなに流れ着いていたなんて。本当にびっくり」と、ご自分でゴミ拾いをしてみて、海ゴミの量を再確認されたようです。

日本海から陸奥湾へと流れてくる海流に乗って、国内外から大量の海ゴミが流れてきます。

それが特に多く流れ着いてしまうのが、この夏泊半島の大島なのです。

当日は気温も25℃くらいと、この時期の青森県としては高めだったので、参加されたみなさんは水分補給をしっかりしつつ、ゴミ拾いを頑張ってくれました。

発起人のミハイさんも「こんなに多くの人が賛同してくれて、本当にありがとう」という気持ちでいっぱいだったそうです。

そして、目に見えるゴミだけではなく、岩をどかせばそこからまた小さなゴミがたくさん出てくる、ということも再確認したそうです。

こんなにたくさんのゴミが流れ着いているのを「いい場所なのに、もったいない」と思って、でも何もできていなかった私たち。

陸奥湾内でも特に海ゴミが流れ着きやすいこの場所を、徹底的にクリーン活動をできたことは、海を大切にする意味でも大きなスタートになったのだと思います。

■こんなに綺麗になったよ!!

クリーン活動はお昼過ぎまで続けられ、最終的に集まったゴミの量は「17,200kg」とのこと!!

▼こんなに汚れていた大島が、

▼こんなに、綺麗になりました!!

▼橋を大島へ渡った先が、こんなに汚れていてガッカリしていたのが、

▼こんなに素敵な、海のスポットに生まれ変わりました!!

<以下:ミハイさん談>

実験的な意味合いで始めた今回のクリーン活動。最終的に166人の有志と、17,200kgものゴミが集まって、本当に嬉しかったです。

みんな「疲れたけど、心が綺麗になった気分」と喜んでくれて、私も嬉しかったです。

でも、今回の活動で集まったゴミは、島全体の4分の1くらい。島の裏側に流れ着いている残りのゴミをどう処理するか、これからの課題です。

みんなで協力して定期的に活動していけば、もっと綺麗な大島を取り戻せるはず。いずれは陸奥湾全体をクリーン活動して、もっと海を大切にしたいですね。

参加されたみなさん、本当にお疲れ様でした!!

恵まれた海の環境を大切にするのは、私たち一人ひとりの意識ですね!!

ミハイさんのYouTubeページ:https://www.youtube.com/user/justaomf
 
「BLUE PEACE」Facebookページ:https://www.facebook.com/bluepeacenatsudomari
 
イベント名【綺麗な海を取り戻せ!】「第0回夏泊半島大島クリーン作戦」に166人もの方が参加されました!!

レポーター紹介

ハリヤマカズキ
故郷の青森市を拠点に写真家&ライター活動をしている。季節に関係なく全身で海を感じ、海産物に囲まれていると幸せを感じる。 
  • 「【綺麗な海を取り戻せ!】「第0回夏泊半島大島クリーン作戦」に166人もの方が参加されました!!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=3367" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. R0001220-2
  2. 87794361_1045654339137717_7256710450501386240_o
  3. 121527564_776946582866527_1349602022686965596_n
  4. タイトル
  5. タイトル
  6. umipuro_view

Pickup

  1. R0001220-2
    【インタビュー】「この自然いっぱいの海町で生きていきたい…

    「目の前に大好きな海があって、すぐ裏には山があって、青森は本当に天国みたいな環境です」県外から青森県…

  2. 87794361_1045654339137717_7256710450501386240_o
    【インタビュー】話題沸騰中「青森の漁師カード」を生んだ「…

    今年に入り「青森県の漁師たちのカード」が随分とネットで話題になっているのを、みなさんはご存知でしたか…

  3. 121527564_776946582866527_1349602022686965596_n
    とにかく楽しく!地域を盛り上げていく『八戸サバ嬢』

    「お疲れサバ~!」を合言葉に、青森県南部地域の魅力を発信する「八戸(はづのへ)サバ嬢」という団体があ…

  4. タイトル
    【インタビュー】アート体験で「私の海」を見つめ直そう!「…

    今年度の「海と日本PROJECT in 青森県」の活動として、夏季に行われた「私の海 ワークショップ…

  5. タイトル
    【インタビュー】下北半島の海産問屋「阿部商店」の「アヴェ…

    私こと、海プロ青森ライターハリヤマは今年、青森の海を活動拠点に生きる様々な方々を取材させていただきま…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP