イベント

【第0回夏泊半島大島クリーン作戦】もったいない?それだけでいいの?

スクリーンショット 2020-09-18 13.22.56

陸奥湾に面した、青森県平内町を代表する海のスポットとも言える「夏泊半島(なつどまりはんとう)」

こちらの先端に位置する「大島(おおしま)」で「クリーン作戦」が実施されます!!

■発起人はミハイさん

今回のイベントの正式名称は「第0回夏泊大島クリーン作戦」

発起人は、以前本サイトのこちらのインタビュー記事でも登場していただいた、ルーマニア出身のミハイ太田さん。

ミハイさんが9月のある日に、夏泊大島の周りを一周した際の動画がYouTubeにアップされております。

ドローンを駆使して、海外出身の方ならではの独特な視点から、大島の美しい海を撮影されております。

陸奥湾の海は地元出身の私から見ても綺麗な青なのですが、ミハイさんが撮影された動画からは、本当に素晴らしい海の青さが伝わってきます。

■大量の「海ゴミ」を何とかしたい

大島へ渡ったミハイさんがさっそく目にしたのは、とても残念な光景でした。

プラスチック製のカゴや、空き缶、ペットボトルなど大量の「海ゴミ」が、大島の海岸へは流れ着いていたのです。

陸奥湾の地形と海流的に、大島周辺には海ゴミが特に流れ着きやすいことが知られております。

しかし、こんなに素晴らしい海のスポットなのに、この大量の海ゴミがあるなんて「もったいない!」とミハイさん。

「もったいない」と考えることは誰にでもできます。

しかしミハイさんは「もったいないけど、それだけでいいの?」と、自分たちで自然の為にできることを考えました。

■任意団体「BLUE PEACE」を結成

綺麗な大島の環境を取り戻したい。その一心で様々な方々へ協力を求め動き始めたミハイさん。

そして集まった有志で、2020年9月10日に「BLUE PEACE」という任意団体を立ち上げることになりました。

社会人から大学生、親子など、本当にたくさんの方から参加したいとメッセージをいただいたそうです。
 

活動の目的は「ごみ拾いを通じて、ごみを捨てない人を育てたい。地球を守りたい」というもの。

この恵まれた海の環境から本当にたくさんのものを頂いている私たち。

しかし、その海の環境が汚されているのに「もったいない」と考えるだけで、何も動かなくていいのでしょうか?

「私たちが自然に対してどれだけできるかわからない。けれども、気づいてしまったらやるしかない。その第一歩です」と語るミハイさん。

海の環境を守るために、大きな一歩を踏み出したミハイさんを始めとする、BLUE PEACEのメンバーたちによる今回の夏泊大島クリーン作戦は、実験的な意味を含めて「第0回」と名付けられたそうです。

すでに多くの方々が参加されるそうですが「自分も海のために、何かできることはないだろうか?」とお考えの方は、ぜひこの活動をチェックしてみてください。

<イベント概要>
 
日時 2020年9月22日(火・祝)
   9時集合
   9:00 受付、オリエンテーション
   9:30 ごみ拾いスタート
      ごみ拾い
      ごみ運搬(漁協・ごみ処理場) 
      適時休憩
   12:30 ごみ拾い終了
      大島でランチしながら今後についてミーティング
      ※途中参加、途中離脱可
       無理のない範囲でお手伝いください。 
場 所 夏泊半島大島
参加料 無料
持参品 汚れてもよい服装、長靴、手袋(濡れてもいいもの)、飲み物、マスク、タオル等
ランチする方はお弁当持参で。
 
一体感を持って活動をしたいので、何かブルーの身に付けるものを身につけてきてください!!
(シャツ、ジャケット系、ズボン、帽子、手袋など)
 
歓 迎 ごみを運搬できるトラック(軽~2t)、リヤカー
    ⇒たくさん集まりました。いったん打ち止めです。
     3tトラック(高橋博志さん)
     軽トラック(木村俊昭さん)
     軽トラック(相馬多一郎さん)
     リヤカー(木村俊昭さん)
     トレーラー(前田 一人さん)
     ご協力ありがとうございます!
 
コロナ対策 受付時に、氏名・連絡先の記入、検温。
      作業時はマスク着用、密集しないなど。
注意事項 完全なボランティア活動になります。
     物品の支給、保険等はございません。
     ご理解いただける方のみご参加ください。
 
 
ミハイさんのYouTube動画「大島はいいの?」:https://youtu.be/Ibm6RAtTagc 
 
「BLUE PEACE」Facebookページ:https://www.facebook.com/bluepeacenatsudomari
 
イベント名【第0回夏泊半島大島クリーン作戦】もったいない?それだけでいいの?

レポーター紹介

ハリヤマカズキ
故郷の青森市を拠点に写真家&ライター活動をしている。季節に関係なく全身で海を感じ、海産物に囲まれていると幸せを感じる。 
  • 「【第0回夏泊半島大島クリーン作戦】もったいない?それだけでいいの?」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=3346" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. スクリーンショット 2020-09-05 10.52.35
  2. L1020829-2
  3. 津軽海峡こども調査団
  4. a9077acd
  5. OR_0_640_00000724_8

Pickup

  1. R0001220-2
    【インタビュー】「この自然いっぱいの海町で生きていきたい…

    「目の前に大好きな海があって、すぐ裏には山があって、青森は本当に天国みたいな環境です」県外から青森県…

  2. 87794361_1045654339137717_7256710450501386240_o
    【インタビュー】話題沸騰中「青森の漁師カード」を生んだ「…

    今年に入り「青森県の漁師たちのカード」が随分とネットで話題になっているのを、みなさんはご存知でしたか…

  3. 121527564_776946582866527_1349602022686965596_n
    とにかく楽しく!地域を盛り上げていく『八戸サバ嬢』

    「お疲れサバ~!」を合言葉に、青森県南部地域の魅力を発信する「八戸(はづのへ)サバ嬢」という団体があ…

  4. タイトル
    【インタビュー】アート体験で「私の海」を見つめ直そう!「…

    今年度の「海と日本PROJECT in 青森県」の活動として、夏季に行われた「私の海 ワークショップ…

  5. タイトル
    【インタビュー】下北半島の海産問屋「阿部商店」の「アヴェ…

    私こと、海プロ青森ライターハリヤマは今年、青森の海を活動拠点に生きる様々な方々を取材させていただきま…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP