イベント

【美しい冬の海を】平内町「第7回ハクチョウのまちフォトコンテスト」の開催が決定しました!!

t

先日、自宅の前で作業をしていると、上空から聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきました。

そうです。「冬の使者」とも呼ばれる「ハクチョウ」たちが、今年も青森県にやって来る季節となりました。

そんな少し寂しい冬の季節でも、ぜひとも海を楽しんでいただけるイベントを、今回はご紹介します!

■平内町・浅所海岸

県内でも特に有名な「白鳥の飛来地」として知られるのが、陸奥湾に面した平内町の「浅所海岸」です。

毎年10月下旬頃からハクチョウが冬を越しにやってくるこの海岸一帯は、ハクチョウの飛来地として全国で唯一「特別天然記念物」に指定されているのです。

特に写真映えするのが、冬季間だと午前6時前後の「日の出」の瞬間。

平内町の東方にある夜越山(よごしやま)方面から朝日が昇ってきた瞬間に、あたり一面が真っ赤に燃えるような、素晴らしい世界へと変貌します。

冬の早朝は非常に冷え込むのですが、運が良くこの光景を実際に見られると、本当に感動しますよ。

■ハクチョウのまちフォトコンテスト

さて、そんな写真映えスポットでもある浅所海岸がある平内町では、毎年冬季間に「ハクチョウのまちフォトコンテスト」というイベントが開催されております。

令和元年度は、2019年10月下旬から2020年1月中旬まで作品が募集され、2020年2月上旬に、入賞作品が決定しました。

そして入賞作品と応募された全ての作品は、2月上旬に平内町で行われた「表彰式」の会場に展示されました。

展示された写真は「ハクチョウと家族の写真」だったり「ハクチョウのいる絶景」だったりと、実に様々。

最優秀賞をはじめ、それぞれに分けられた部門で見事に入賞した作品は、その中でも特に際立っておりました。

■実は入賞してました

その中で今回ご紹介させていただきますのは「くらしとハクチョウ部門」で部門優勝されたこちらの作品です。

タイトル「津軽の小さなコンサート」

平内町出身の初代・高橋竹山先生を思い浮かべるように「津軽三味線」を手にした少女と、遠い北の国から浅所海岸にやってきたハクチョウが、一瞬にして心を交わした瞬間。

そこにスポットライトのように陽光が差し込み、まるで小さなコンサートが開幕されるかのような場面。

はい、解説が長くなりましたが、私ことハリヤマカズキが応募し、入賞させていただいた作品でした(笑)

表彰式には、モデルをしてくれた「海の獣医になりたい三味線少女」こと「乗田雫杏ちゃん」と一緒に出席しました。

何だかんだで2年ほど前から、一緒に作品を作ってくれたり、海と日本PROJECTの記事に登場してくれた雫杏ちゃん。

このような形で部門優勝できて、とても良かったです!!

■商品がすごいんだよ!!

ハクチョウのまちフォトコンテストでは、入賞の副賞として毎年「平内町産の活ホタテ」など豪華な商品がいただけることを見逃せません!

第5回ハクチョウのまちフォトコンテストでも「佳作」で入賞させていただきましたが、それでも活ホタテを一箱貰えたことが嬉しすぎて「ホタテが欲しいが為に」第6回も応募しました(笑)

部門優勝はさらに「青天の霹靂」と「ほかき(平内町のおかき)」など、実に1万円分の豪華副賞をいただきました!!

この平内町産のホタテが、本当に美味しいのです・・・。

甘味が強くて、刺身で食べてよし、バター醤油で食べてよしと、青森県が全国に誇る素晴らしいホタテです。

■「第7回」も開催決定!!

そんなハクチョウのまちフォトコンテストですが、令和2年度の「第7回」の開催が決定しました!!

今回の募集期間は「2020年10月15日(木)〜2021年1月15日(金)必着」

応募できる部門は「みんなの癒しになるハクチョウ部門」「フリー部門」「高校生以下の部門」「町外にいるハクチョウ部門」に分けられ、さらに今年度からは「イラストの部」も募集されるとのこと!!

詳しい応募要項はこちらのホームページからどうぞ!:http://www.town.hiranai.aomori.jp/sp/index.cfm/8,17289,73,271,html

青森県の「冬の海」を楽しめる「ハクチョウのまちフォトコンテスト」

ハクチョウのいる美しい風景写真はもちろん、スマホで撮影した何気ない1枚が、もしかしたら今年の入賞作品に選ばれるかもしれませんよ!?

イベント名【美しい冬の海を】平内町「第7回ハクチョウのまちフォトコンテスト」の開催が決定しました!!

レポーター紹介

ハリヤマカズキ
故郷の青森市を拠点に写真家&ライター活動をしている。季節に関係なく全身で海を感じ、海産物に囲まれていると幸せを感じる。 
  • 「【美しい冬の海を】平内町「第7回ハクチョウのまちフォトコンテスト」の開催が決定しました!!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=3630" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. スクリーンショット 2020-09-18 13.22.56
  2. スクリーンショット 2020-09-05 10.52.35
  3. L1020829-2
  4. 津軽海峡こども調査団
  5. a9077acd

Pickup

  1. IMG_0833
    【ディープスポットの宝庫!】日本一の灯台「尻屋崎灯台」の…

    青森県東通村、尻屋崎。ここには「本州最生涯の地」や「本州の最果て」とも呼ばれる「尻屋崎灯台」が存在し…

  2. t
    あなたにとっての「美しい青森県の海」って、どんなイメージ…

    「日本海」「太平洋」「津軽海峡」とそれぞれ異なった3つの海に囲まれた青森県。そして「津軽半島」と「下…

  3. t
    【美しい冬の海を】平内町「第7回ハクチョウのまちフォトコ…

    先日、自宅の前で作業をしていると、上空から聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきました。そうです。「冬の使…

  4. 121263859_3937183669643490_7340431663986686390_n
    「ヤマモト食品」と「海と日本PROJECT」のコラボ商品…

    青森市で水産加工品の製造、販売をしている会社といえば!? そう「ヤマモト食品」さんですよね!青森に住…

  5. t
    むつ市「おおみなと海自カレー」がいま熱い!!下北の海を目…

    「大湊(おおみなと)海自カレー」という「海にまつわるご当地グルメ」が、青森県の下北半島むつ市から発祥…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP