レポート

【海インタビュー】海は初心に戻る場所。留学経験もあるサッカー女子、妻神和さん

DSCF1410

「あなたにとって海とは?」という質問を投げかけてみたところ、「初心に戻る場所です」と答えてくれた、笑顔の可愛いサッカー女子。

青森市に在住の妻神 和(さいかみ のどか)さん。

サッカーで海外に留学をした経験もあり、現在も地元の女子サッカーチームの一員として練習に励んでいるそうです。

ビーチサッカー大会の会場になったこともあるという、大好きな青森市浅虫地区のビーチで早朝に自主トレをする妻神さんに、今回はお話をお伺いしました。

■ビーチのゴミ拾いをかかさない

妻神さんはビーチで練習をする際、まずは流れ着いたゴミなどを拾うことから始めます。

陸奥湾に面した浅虫地区の海岸は、特に海流の流れで海ゴミが漂着しやすい場所の一つなのです。そして今年は新型コロナウイルス感染症拡大が懸念され、大規模な清掃活動がなかなか開催できずにいたようです。

「自分が気持ちよく練習をすることはもちろんですが、地元の海が汚れていると悲しい気持ちになります」という妻神さん。

この日も空き缶やプラスチックゴミ、タバコの吸い殻など、たくさんのゴミが集まりました。

■サッカーと共に歩んできた人生

妻神さんがサッカーを始めたのは中学生の頃のこと。

きっかけは「友達に誘われたから、っていう何でもない感じです」と笑う彼女ですが、それを学生を卒業し社会人になった今でも継続しているということは、なかなか真似できることではありません。

中学を卒業後は、青森市の青森南高校外国語科へ進学し、迷わず女子サッカー部へ入部された妻神さん。その後、八戸市の八戸学院大学へ進学。

現在は「女子サッカーの輪を弘前から!!」を掲げる弘前市の女子サッカー&フットサルチーム「Bon Sagesse(ボンサジェス)」に所属されております。

2017年6月創設というまだ新しいチームですが、徐々にメンバーも増え、練習試合や大会などにも積極的に参加されているとのこと。

2011年女子サッカーワールドカップで「日本代表なでしこJAPAN」が優勝したこともあり、一気に知名度が高くなった女子サッカーという競技。今後ますます、注目されていくことだと思います!!

■海外の海へ行き感じたこと

妻神さんは過去に何度も、海外へ足を運んだこともあります。そのうちの一つには、大学時代になんとサッカーで「海外留学」をしたという素晴らしい思い出もあるそうです。

その時に訪れたのはスペイン・バルセロナのビーチ。そして元々、海外旅行が好きだったという両親と共に、小さい頃からハワイ、グアム、バリなど、様々な国のビーチでサンセットを見たことが思い出に残っているそうです。

そして海外のビーチの特徴として「すぐに現地の人々と仲良くなれること」ということもまた、海外へ行く楽しみの一つになったとのこと。

「もし海外の方々が青森の海に訪れてくれた時には、今度は自分も仲良く接してあげたいし、青森の魅力を伝えてあげたい」というのが、妻神さんが海を愛する要因でもあるそうです。

■海は「初心に戻る場所」

妻神さんにとって海は「初心に戻る場所」というのが最も大きな理由。それは大学時代にサッカーの練習で、八戸市の砂浜を延々と走るトレーニングをしたり、厳しい練習をした思い出が、海に来ると思い出されて「また頑張ろう」と気持ちをリセットできるのだそうです。

また、青森県内の各地のビーチで開かれる「ビーチサッカー大会」へ出場した経験からも、海といえば「勝負の場」というイメージもあるそうです。

それくらい本気でスポーツにのめり込める、かっこいいですよね!

その努力が実り、妻神さんは昨年2019年、青森国体の選手に選ばれたそうです!! 

これからの活躍にも期待大の妻神さんですが、実はサッカー以外にも「Aomori and you」というホームページで、世界へ青森県の魅力を発信する活動もされているとのこと!

青森県内には海はもちろん、まだまだ知られていない自然の魅力、素晴らしい人々が存在します。 

以前こちらの記事で登場してもらった高校時代の同級生で親友の三上未夢さんと共に、SNSを中心に写真や情報を発信する活動をこれからも続けていきたいとのこと!

20代前半という若さながらも、青森の海を愛し、青森の魅力を探し続けて世界へ伝えていきたいという妻神さん。

率先してゴミ拾いをしたビーチで、大好きなサッカーの自主トレをするその姿に、思わず「かっこいいー!!」と微笑まずにはいられませんでした。

 

■妻神 和(さいかみ のどか)

1996年、青森市出身 青森南高等学校外国語科、八戸学院大学 卒業。

弘前市を拠点に活動している女子サッカー&フットサルチーム「Bon Sagesse(ボンサジェス)」のメンバーとして活躍中。

また、地元青森の魅力を英訳し海外へ発信するサイト「Aomori and you」を友人と立ち上げ、運営活動をしている。

「Bon Sagesse」

公式ホームページ:https://sasihikita0ka.wixsite.com/bon-sagesse

「Aomori and you」

Facebookページ: https://www.facebook.com/Aomori-and-you-112110850315806

Instagramページ: https://www.instagram.com/aomori.and.you/?hl=ja

 

イベント名【海インタビュー】海は初心に戻れる場所。留学経験もあるサッカー女子、妻神和さん

レポーター紹介

ハリヤマカズキ
故郷の青森市を拠点に写真家&ライター活動をしている。海が好き過ぎて、定期的に海を全身で感じないと軽くバグる。ので、海産物に囲まれていると幸せを感じる。
  • 「【海インタビュー】海は初心に戻る場所。留学経験もあるサッカー女子、妻神和さん」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=2889" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. IMG_0833
  2. t
  3. 121263859_3937183669643490_7340431663986686390_n
  4. t
  5. Ek5jkzjVcAAtPoT
  6. gyoko2

Pickup

  1. IMG_0833
    【ディープスポットの宝庫!】日本一の灯台「尻屋崎灯台」の…

    青森県東通村、尻屋崎。ここには「本州最生涯の地」や「本州の最果て」とも呼ばれる「尻屋崎灯台」が存在し…

  2. t
    あなたにとっての「美しい青森県の海」って、どんなイメージ…

    「日本海」「太平洋」「津軽海峡」とそれぞれ異なった3つの海に囲まれた青森県。そして「津軽半島」と「下…

  3. t
    【美しい冬の海を】平内町「第7回ハクチョウのまちフォトコ…

    先日、自宅の前で作業をしていると、上空から聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきました。そうです。「冬の使…

  4. 121263859_3937183669643490_7340431663986686390_n
    「ヤマモト食品」と「海と日本PROJECT」のコラボ商品…

    青森市で水産加工品の製造、販売をしている会社といえば!? そう「ヤマモト食品」さんですよね!青森に住…

  5. t
    むつ市「おおみなと海自カレー」がいま熱い!!下北の海を目…

    「大湊(おおみなと)海自カレー」という「海にまつわるご当地グルメ」が、青森県の下北半島むつ市から発祥…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP