レポート

【前編】「青森 1950-1962 工藤正市写真集」は、どのように誕生したのか?

thumbnail_青森_見本04

工藤正市さん(@shoichi_kudo_aomori) Instagramでその作品を初めて拝見してから、早いもので1年半が過ぎました。

昭和30年代の青森で、そこに生きる人々の姿。路地裏で遊ぶ子供たち。そして、懐かしい青森の街並み。

私が見たことのない時代の青森。それを収めたネガフィルムが、半世紀以上も「押し入れ」に埋もれていたということを知り、心が震えました。

■記事が完成し、そして、

昨年私は、工藤正市さんのInstagramアカウントにメールを送り、管理されている娘さん「工藤加奈子さん」とのやり取りをさせていただきました。

そして完成したのが、昨年度の記事【海を愛した写真家】故・工藤正市さんが撮影した青森の記憶写真 でした。

「青森にはこんな写真家がいた」ということを、世界の人たちにもっと知ってもらいたかった私は、尊敬する写真家の一人「高橋伸哉さん」にメールを送らせていただきました。

「大変恐縮ですが、私が書いた記事を読んでいただけますでしょうか。ぜひご紹介したい、青森の写真家のお話です」

数日して、なんと高橋さんからのお返事が届きました。

高橋さん「素晴らしいです。感動しました。工藤正市さんのお写真と記事を、私のSNSとサロンでもご紹介してよろしいでしょうか?」

たくさんのフォロワーをお持ちの高橋伸哉さんが記事をご紹介してくれると、あっという間に工藤正市さんの写真は、日本中の写真家、写真愛好家の元へと広がっていきました。

 

そして数ヶ月後、加奈子さんから一通のメールが届きました。

加奈子さん「来年、写真集を刊行させていただけるかもしれません」

工藤正市さんの写真集を刊行していただけることになったのは、東京都の「みすず書房」という出版社でした。

そして加奈子さんに仲介していただき、写真集企画の担当者である「小川純子さん」に、今回は非常に興味深いお話を聞くことができました。

 

(以下、みすず書房・小川さん談)

 

工藤正市さんのことを書かれた「海と日本PROJECT in 青森県」の記事を私が初めて読んだのは、確か昨年の夏。7月か8月のことでした。

私は2019年に「奥山淳志さん」という写真家の『庭とエスキース』という本を編集させていただいたのですが「この本を大切に読んでいる」ということをTwitterで書かれている方を知りました。

その方が「こんな写真家がいたのか!」と、工藤正市さんの記事を紹介していたのです。

「海を愛した写真家」という記事のタイトルにも惹き寄せられました。

そしてページを開いてみたらまず、そこに出ている写真のどれもが、ただ「青森の人々の日常の姿」でしかないのに、ぎゅっと心を掴まれました。

そしてお嬢さんの加奈子さんが語る、この写真を撮った父、工藤正市さんのお話にも驚きました。

こんなに味わい深く、ただのスナップのようでありながら、明らかに何者かが撮った写真たち。これが天袋の奥にずっと眠っていたなんて。

「一体どんな人だったんだろう?」と読み進むと「写真一筋に生きた方」というわけではなく「最後は海で釣りをしているのが好きな人」だったと。

なるほど。「海を撮る写真家」ではなく、そんな風に「海を愛した写真家」なのか。

そういう人が撮った写真なのだと知って、ますますそのまなざしに惹かれました。

ふいにInstagramで発表され始めた工藤正市さんの青森の写真。

そしてすぐに調査して、ご家族にインタビューを申し込まれたという文章からも「写真が好きな人だからこその見方」という思いがこめられていて。

それを写真ファンだけではなく、知られざる人柄や、青森の場所のことも絡めて紹介してくれたことに、私はお礼を言いたい気持ちになりました。

それぐらい、あの記事で初めて工藤正市さんの写真を見て、思いもしなかったドラマチックな背景を知ったときには、静かな興奮を覚えました。

 

 

<後編へ続く>

 

 

青森 1950-1962 工藤正市写真集

判型 A5変型判 タテ196mm×ヨコ148mm
頁数 432頁
定価 3,960円 (本体:3,600円)
ISBN 978-4-622-09020-5
Cコード C0072
発行予定日 2021年9月16日予定

昭和30年代の青森で、人知れず奇跡の瞬間を撮り溜めていた写真家がいた。
没後、発見されたフィルムの束。そこに写されていたのは、戦後の青森に生きる人々の日常の姿と、やがて失われる情景への思慕にみちた、故郷を愛する写真家のまなざしである。
家族がインスタグラムで発表するや、国内外の写真ファンの間で話題に。
工藤正市の写真の魅力に、今、世界は目を奪われている。

  • 残されたプリントとフィルムから一挙366点を収録
  • 写真家の写真雑誌入選作をたどる略歴を付す
  • 青森市街の撮影ポイントを示す地図を掲載

出典:みすず書房公式HP から

イベント名【前編】「青森 1950-1962 工藤正市写真集」は、どのように誕生したのか?

レポーター紹介

ハリヤマカズキ
青森県在住のライター兼フォトグラファー
海をはじめ、自然と人の繋がり表現したスナップ写真を撮るのを、ライフワークにしている

Twitter:https://twitter.com/hary_k_photo
  • 「【前編】「青森 1950-1962 工藤正市写真集」は、どのように誕生したのか?」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=4156" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. DSCF0640
  2. DSCF0801
  3. R0010421
  4. dav
  5. ichie1-1
  6. kousaku31

Pickup

  1. DSCF0640
    【女子旅】海の温泉街、魅力再発見〜青森市 浅虫温泉地区〜…

    多くの青森市民にとっては、海に面した温泉街「浅虫温泉地区」は、幼い頃からの見慣れた街並みです。でも、…

  2. DSCF0801
    あぁ尻屋崎 〜アヴェとバイクと、親子の時間〜

    「本州の最果て」とも呼ばれる、青森県東通村尻屋崎。青森県の中でも「私が特に好きな海スポット」と思って…

  3. R0010421
    【暮れていく陽を眺める時間】野辺地町 常夜燈公園

    青森県に住んでいると、常に身近にあるような、海辺の光景。その日常の中に、新たな発見があるかもしれませ…

  4. ajigasawa25
    鯵ヶ沢で、のんびり海を眺めながら”夫婦デート”♡

    ある日の土曜日、私達夫婦2人きりの休日。風がそよそよと気持ちいい。天気は晴れ。空は青い。ふと、「夫婦…

  5. スクリーンショット 2021-09-12 14.05.28
    海も近く、気持ちのよい林間サイト「三厩やすらぎ公園」

    まだ肌寒かった春先の頃。少しだけ早いかな?と思いつつ、一泊でソロキャンプを楽しみたくなり、陸奥湾沿い…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP