レポート

海の珍スポット!?全国で唯一ここだけの「階段国道339号」を抜ければ目前に広がる津軽海峡が絶景だった。

DSCF9258

青森県津軽半島の北端に位置する、全国的にも有名な岬といえば「竜飛岬(たっぴみさき)」

本州を日本海沿いに北上すればたどり着く最果て。そして 「石川さゆり」さんの「津軽海峡冬景色」の2番にも登場することで、その名前だけは聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか?

そんな竜飛岬には、全国でここにしかない「海の珍スポット」が存在します。今回は八戸市出身で津軽半島には初めて来たという「サキさん」と一緒に、そのスポットへ足を運んでみました。

■これが階段国道339号!

竜飛岬にある海の珍スポットといえば、そう、「階段国道339号」です。

「階段なのに国道?」と驚かれた方が多いのではないでしょうか?

竜飛岬の知名度に比べれば、まだまだ知られていない場所なのかもしれません。

「国道から海に降りていくだけの、普通の階段」とも思われているらしいこのスポットですが、昭和49年に指定された正規の「国道」であり、そして「階段」なのです。

軽やかな足取りで階段国道を降りていくサキさん。すぐに、ちょっとした林の中へ突入します。

初夏の木漏れ日がとても美しく、実に気持ちの良い鮮やかな緑を全身で感じることができます。

ちなみにこの階段国道は「竜飛漁港バス停」と「龍飛埼灯台」を結び、総延長388.2m。

全部で362段で、竜飛漁港バス停から階段国道を通って竜飛岬の灯台までは、徒歩約15分とのこと。

でもなかなかの傾斜がある階段ですので、15分で上りきれる人はよほど体力に自信のある人なのかなと思います。

■林を抜けると目前に広がる津軽海峡

そして林の中を抜けると、竜飛漁港や津軽海峡が目前に!!

林の中で森林浴を楽しんだ後に、すぐに海を見ることができるなんて、実にコンパクトな土地に素晴らしい魅力が凝縮されているようにも感じます。

しかし、歩いてみると本当にこれが国道なのか?と思わざるを得ないくらいに、まさに階段としか言いようがない土地。

初期の頃には国道から廃止する計画もあったそうですが、全国的にも珍しいスポットなので、手すりを付けるなどの観光整備もされて津軽の観光名所として存続されています。

階段国道から、漁港を見渡すサキさん。

「穏やかな海で、とっても気持ちの良い場所ですね」と大喜びでした。

この日も、他にも多くの観光客や団体さんが階段国道を行き来されておりました。

本州の端っこ、青森県津軽半島の先端まで足を運んだなら、やはりここは一度でも歩いてほしいスポットだと思います。

イベント名絶景が連続する海の珍スポット。全国で唯一ここだけの「階段国道339号」を、ゆっくり歩いてみました。

レポーター紹介

ハリヤマ カズキ
「海と日本プロジェクトin青森県」の特派員として、フォトグラファー&ライター活動をしている。海のことを考えると眠れないのは海のせい? 

Instagram:https://www.instagram.com/hary_k_photo/
  • 「海の珍スポット!?全国で唯一ここだけの「階段国道339号」を抜ければ目前に広がる津軽海峡が絶景だった。」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=2205" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. DSCF1844
  2. 74909811_551407458765680_7789025175294443520_n
  3. DSCF1580
  4. DSCF1532
  5. R0150130
  6. DSCN2589

Pickup

  1. DSCF1844
    【コラボ企画】「海と日本PROJECT」とのコラボ料理が…

    3方を海に囲まれた青森県には、海の幸を使った様々なお料理があることでも有名です。今回はなんと「海と日…

  2. 74909811_551407458765680_7789025175294443520_n
    【コラボ企画】捨てられるはずだった野菜から生まれた「おや…

    突然ですが、みなさんは「おやさいクレヨン」をご存知でしょうか?収穫の際に捨てられてしまうような野菜。…

  3. DSCF1580
    【海と雑貨】青森の海が感じられる小物がいっぱいの小さな雑…

    今回お邪魔させていただきましたのは、青森市の桜川地区にございます、小さな雑貨屋さん「miageru.…

  4. DSCF1532
    【海を感じる革製品】青森市の「アトリエCANOE」で「革…

    今回ご紹介させていだきますのは、青森市の桜川地区にあります革製品のお店「アトリエCANOE」さん。2…

  5. 1
    【海で撮影する記念写真】青森を拠点に活動するフリーカメラ…

    「〜日常に寄り添う写真を〜」をコンセプトに掲げ、青森を中心に活動をされているフリーカメラマンの「成田…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年
海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP