レポート

【インタビュー】下北半島の海産問屋「阿部商店」の「アヴェマナヴ」さんにとって「海」とは?

タイトル

私こと、海プロ青森ライターハリヤマは今年、青森の海を活動拠点に生きる様々な方々を取材させていただきました。

その中でも特に「この人は面白い!!」と直感的に感じ、ぜひご紹介させていただきたい「アヴェマナヴさん」という方のインタビューを、今回は特集させていただきます。

■Twitterが面白すぎるアヴェマナヴさん

まずは「アヴェマナヴ」さんのプロフィールからご紹介させていただきます。

 出身:青森県むつ市

・生年月日:1025

・好きな海の食べ物:海産物全般

・海に関する武勇伝:ホタテ貝を持った感じで鮮度がわかるまでの域には達していると自負している。発泡スチロールの擦れる音が大の苦手なのですが日々頑張っている。

 というアヴェさんですが、Twitter投稿は毎回このような感じで、面白い投稿をされております。

▲ホタテ貝を宙に浮かせられる能力をお持ちとのこと。

▲海の町の日常の風景の中に、映画のような名場面を見つけること。

▲例えば、海沿いの景色にアヴェさんがいるだけで、心が明るくなれること

どうでしょう?みなさんもうすでに「アヴェノミクス」というユーモアのスパイラルに掴まれたのではないでしょうか?

 

■海産物ならなんでも揃う阿部商店 

青森県産の海産物をメインに販売しているという、アヴェさんご夫妻が切り盛りする「阿部商店」

 阿部商店での売れ筋の商品は活ほたて」「マグロ」「生うに」「下北漬け」「いか」「たこのとんび(口ばし)」ということで、青森県らしい様々な海産物が並んでおります。

 でも「これがもっと売れてほしい」と願ってやまない商品はありますか?と尋ねたところ、

 アヴェさん:年々販売数は増えているのですが 「大間産のビンうに」がもっと売れてほしいです!

他産地と違い塩水・みょうばんなしで、本当に「うにだけ詰めこんでいる」珍しい商品のようです(地元民は当たり前の感覚ですが)もっと全国の方に食べてほしい!

ということでした! これはとっても美味しそう!!

 ■下北半島の「海」について

 「陸奥湾」「津軽海峡」「太平洋」と様々な名前を持つ海に面している下北半島ですが、それぞれ微妙に異なった表情があり、そこで生きるアヴェさんならではの感じ方があるかと思います。

どのような風に海を感じているのか? また「下北半島おすすめのスポット」をお聞きしました!

アヴェさん:「陸奥湾」は下北半島の山々から栄養豊富な清流が流れ着く「天然の生け簀」のイメージがあるので養殖業に適してます。「津軽海峡」は潮の流れから四季折々の旬な回遊魚が捕れる関所的なイメージです。「太平洋」は様々な潮の流れがぶつかりあう漁場の宝庫という感じですね。

アヴェさん:漁場に恵まれているので年中市場には地物の海産物が所狭しと上場されてます。後々は近海で獲れる海産物全部を販売できる知識&人脈を作っていきたいです。そして下北半島のおすすめスポットはたくさんありますが、「仏が浦」にはぜひ一度足を運んで頂きたいです!

特に佐井港から乗船できる遊覧船で、海上からしか見られない壮大な仏が浦がお勧め!

ということです。こんなに美しい夕焼けに照らされた仏ヶ浦は、やはり下北半島に住んでいる方でないと、なかなか見られませんよね。 

 

■これからの展望について

アヴェさんはTwitterにいつも面白い投稿をされていて、海に関する愛が伝わってきます。これからどのようにして、青森県の海を大切にしていきたいかをお聞きしました。

 

アヴェさん:阿部商店は「地図にない名店」をコンセプトに掲げ商いをしてます。販売形態がほとんどweb経由(地産他消)となりますので実店舗には看板などを掲げての営業は特にしておりません。

 繁忙期以外は時間を自由に使えるので「生産者さんとの密なやりとり」をし、それを「いかに生かして販売できるか」そういった海の商品をできる限り多く取り扱い、地元の商品を全国に販売展開できればいいなと考えております。それが結果的に、地元の海を大切にすることになりますので。

このように様々なアイデアを駆使し、SNSとインターネット販売を中心に、青森県の海を盛り上げようと頑張っているアヴェマナヴさん。

下北半島に生きるアヴェさんは、これからもまた面白い海の情報を発信し続けていってくれることでしょう!!

アヴェマナヴさんのTwitterアカウント:https://twitter.com/hotateyasan

下北半島の海産問屋 阿部商店:https://www.rakuten.co.jp/hotateyasan/

イベント名【インタビュー】下北半島の海産問屋「阿部商店」の「アヴェマナヴ」さんにとって「海」とは?

レポーター紹介

ハリヤマカズキ
故郷の青森市を拠点に写真家&ライター活動をしている。季節に関係なく全身で海を感じ、海産物に囲まれていると幸せを感じる。 
  • 「【インタビュー】下北半島の海産問屋「阿部商店」の「アヴェマナヴ」さんにとって「海」とは?」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=3430" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. R0001220-2
  2. 87794361_1045654339137717_7256710450501386240_o
  3. 121527564_776946582866527_1349602022686965596_n
  4. タイトル
  5. umipuro_view
  6. 75b4c77728f4d12b302c1fe248c00fbd

Pickup

  1. R0001220-2
    【インタビュー】「この自然いっぱいの海町で生きていきたい…

    「目の前に大好きな海があって、すぐ裏には山があって、青森は本当に天国みたいな環境です」県外から青森県…

  2. 87794361_1045654339137717_7256710450501386240_o
    【インタビュー】話題沸騰中「青森の漁師カード」を生んだ「…

    今年に入り「青森県の漁師たちのカード」が随分とネットで話題になっているのを、みなさんはご存知でしたか…

  3. 121527564_776946582866527_1349602022686965596_n
    とにかく楽しく!地域を盛り上げていく『八戸サバ嬢』

    「お疲れサバ~!」を合言葉に、青森県南部地域の魅力を発信する「八戸(はづのへ)サバ嬢」という団体があ…

  4. タイトル
    【インタビュー】アート体験で「私の海」を見つめ直そう!「…

    今年度の「海と日本PROJECT in 青森県」の活動として、夏季に行われた「私の海 ワークショップ…

  5. タイトル
    【インタビュー】下北半島の海産問屋「阿部商店」の「アヴェ…

    私こと、海プロ青森ライターハリヤマは今年、青森の海を活動拠点に生きる様々な方々を取材させていただきま…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP