レポート

親子でイルカウォッチング@陸奥湾

イルカウォッチング記念撮影

6月11日(土)『親子でイルカウォッチング@陸奥湾』が開催されました。

建物外観

まず初めに

海と森ふれあい体験館でイルカや陸奥湾の環境について講義を受けました。

講師は青森大学 社会学部 学部長 清川繁人 博士。

座学全体

イルカたちは5,6月に出産や子づくりのために陸奥湾にやってくるそうです。

多いときは500頭くらい見れる日もあるそうです。

座学

初めてカマイルカを見る私はワクワクしながら

夢の平成号に乗船するために脇野沢港へ向かいました。

夢の平成号乗船中

乗船後

船内はいよいよカマイルカに会えるという期待感にあふれていました。

船内子どもたち

こちらでも清川博士がイルカについてお話してくださいました。

船内清川先生

遠くにイルカが顔をのぞかせているのが見えました。

 遠くに見えたイルカ

さらに進んでいくと

イルカ発見

たくさんのカマイルカに会うことができて船内のみなさんも大喜び!

2頭のイルカ

今から1万年以上前の縄文時代から、この海に住んでいたイルカたちの子孫の姿なんだと思い感動でした。

むつ湾が海洋資源豊富な海だからこそやってきます。

しかし近年プラスチックごみによる環境汚染が問題になっています。

えさと間違って、ごみを食べて死んでしまわないように

わたしたちひとりひとりができることに取り組んでいくことが大切だと思います。

イルカウォッチング記念撮影

6月下旬をすぎるとイルカたちは北へ移動しているそうです。

また来年イルカに会えるのを楽しみにしています。

イベント名親子でイルカウォッチング@陸奥湾
  • 「親子でイルカウォッチング@陸奥湾」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=4653" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 仏ケ浦
  2. 浜参宮
  3. naginatakochan
  4. 船からメバル
  5. ika21
  6. cleanup02

Pickup

  1. 仏ケ浦
    わがまちの海自慢~仏ケ浦

    突然ですが みなさん『ホタテ水着』ご存じですか? むつ市のふるさと納税返礼品にもなるほど今注目の人気…

  2. 浜参宮
    青森港浜参宮AWFRO(アフロ)神輿祭行ってきました!

    あおもりの祭りといえば、ねぶた祭をイメージする人が多いと思います。青森の港には昔から海を神輿によって…

  3. naginatakochan
    7/3(日)ティラノサウルスレースあさむしが開催されまし…

    7月3日㈰サンセットビーチあさむしにて ティラノサウルスレースあさむしが開催されました。 ティラノサ…

  4. 船からメバル
    中泊町小泊漁港 メバル網外し体験

    7/14(木) 青森県中泊町小泊漁港にて『海と日本プロジェクト』リポーターの加瀬未来さんがメバル網外…

  5. ika21
    青森で獲れたイカで津軽の郷土料理『イカメンチ』を作っ…

    7月になり、本格的に暑い日が続くこの津軽の地。もうすっかり夏です。夏といえば「海」と言いたいところで…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP