イベント

【お家からも応募できるフォトコン!】海に面した温泉街で開催の「浅虫フォトコンテスト」があなたの1枚を募集中!

L1020829-2

古くから「東北の熱海」とも呼ばれ、海と山と人が共存する温泉街として名高い、青森市の浅虫地区。

私もよく「海の写真」を撮影するために訪れているこのこの浅虫地区ですが、今年2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、外出が難しくなってしまいました。

この逆境に負けず、なんとか浅虫地区を盛り上げようと、地域の有志が主となり「浅虫フォトコンテスト」を開催することが決まりました!

■主催:浅虫まちづくり応援団がっちゃんこ

今回初めて開催されることになった「浅虫フォトコンテスト」を主催されるのは「浅虫まちづくり応援団がっちゃんこ」のみなさん。

海に面した自然いっぱいの温泉街である浅虫地区を愛してやまない、若手のみなさんが中心となった団体です。

新型コロナウイルス感染症拡大が懸念されている最中ですので、今回はメールのやり取りにて、がっちゃんこの井上さん、後藤さんに取材をさせていただきました。

■フォトコン開催までの経緯 

Q.今回、浅虫フォトコンテストを開催しようと思った経緯についてお聞かせください。

井上さん:新型コロナウイルス感染防止のため、移動自粛や施設休業が相次ぎ、浅虫を訪問することが難しくなりました。そこで「人が集まらず直接的なやり取りが少ないフォトコンテスト」を実施することにいたしました。作品を募集し広報することで「多くの人が浅虫の魅力を再発見するとともに、移動自粛が落ち着いたら、再び浅虫を訪れていただける」と思ったからです。

後藤さん:花火大会やねぶた祭りなど、浅虫で毎年実施していたイベントが軒並み中止となり、閉塞感が漂いました。コロナ禍でもできることはないかと考え、浅虫の魅力を再確認したうえで「新型コロナウイルス感染症が収束したら、何も気にせずに、浅虫温泉を楽しんでほしい」という願いを込めて企画を立ち上げました。

温泉街の顔とも言える温泉旅館や施設の休業が続き、人々の足が遠のいてしまったこの苦境をなんとか乗り越えたい、自粛が落ち着いたら、また浅虫に来てほしい、そんな熱い思いがお二人のご回答から伝わってきました。

浅虫地区は1000年近い歴史がある温泉街です。きっと過去に何度も困難な状況になり、その度に地域の方々が踏ん張って、現代に温泉街を残してこられたのだと思います。

■写真の応募について

Q,浅虫といえば「海」「温泉」それだけではなく、山にもほど近く自然と人が共存する街ですよね。例えばどんな写真の応募を期待されますか?

井上さん:浅虫を訪問したことがある人は、何かの思い出と共に写真を撮っている可能性が高いと思います。できれば、その思い出を象徴するような写真と素敵なエピソードをいただきたいです。理想は、景色だけではなく、人が写っていると「その人らしさ」がでるのではないかと思います。

後藤さん:「浅虫が好きだ」「浅虫を楽しんだ」ということが伝わる写真、また「浅虫にはこんな景色もあるんだ」という発見がある写真の投稿もお待ちしています。

浅虫を代表する景勝地とも言える海の「湯の島」「裸島」、または美しい夕日、そのような風景を撮影した力作、みなさんもお持ちではないでしょうか?

しかし風景の中に人物が写っている「情景」とも言えるスナップ写真、または家族で夏の海を楽しんだ思い出写真、そのような写真もまた高評価かもしれませんよ?

■ 「浅虫の海」の好きなポイント 

Q.最後になりますが、浅虫応援団がっちゃんこのみなさんに「浅虫の海の好きなポイント」をお聞かせください!

井上さん:ほぼ毎日、浅虫の海を見ていますが、季節や時間など毎日違う様子の海が見られることが好きです。青空に近くの湯の島と遠くの岩木山がハッキリ見えたときが一番好きです。

後藤さん:なにも考えずにボーッと見ていられる浅虫の海。その景色が好きです。考えてみれば海にポツンと大きな島がある景色というのは、なんとも贅沢だなと思い始めたのはつい最近のお話です。高校生の頃は、学校終わりに海でひとり黄昏れる時間を設けていました。至福の時間でした。

毎日同じように見ている海であっても、毎日少しずつ違っているのですね。

そんな浅虫を愛するがっちゃんこのみなさんでも「これは!!」と思う写真が、まだまだ眠っているかもしれません。

しかし今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、なかなか新たに写真を撮りに行くのも困難な状況です。

そんな今だからこそ、過去に撮影した浅虫での思い出の1枚、まだどこにも応募していなかった力作の1枚を、ご自宅から探してみてはいかがでしょうか?

あなたの1枚が、次の1000年の歴史を作る貴重な1枚となるかもしれませんよ?

そして本コンテストは「インターネットからの応募のみ」で受付されております。新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮し、パソコンやスマホから応募できるフォトコンテストということですね!

締め切りは2020年6月30日まで! フォトコンテストの概要はこちらになります!

イベント名【お家からも応募できるフォトコン!】海に面した温泉街で開催の「浅虫フォトコンテスト」があなたの1枚を募集中!
  • 「【お家からも応募できるフォトコン!】海に面した温泉街で開催の「浅虫フォトコンテスト」があなたの1枚を募集中!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=2851" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. t
  2. スクリーンショット 2020-09-18 13.22.56
  3. スクリーンショット 2020-09-05 10.52.35
  4. 津軽海峡こども調査団
  5. a9077acd

Pickup

  1. IMG_0833
    【ディープスポットの宝庫!】日本一の灯台「尻屋崎灯台」の…

    青森県東通村、尻屋崎。ここには「本州最生涯の地」や「本州の最果て」とも呼ばれる「尻屋崎灯台」が存在し…

  2. t
    あなたにとっての「美しい青森県の海」って、どんなイメージ…

    「日本海」「太平洋」「津軽海峡」とそれぞれ異なった3つの海に囲まれた青森県。そして「津軽半島」と「下…

  3. t
    【美しい冬の海を】平内町「第7回ハクチョウのまちフォトコ…

    先日、自宅の前で作業をしていると、上空から聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきました。そうです。「冬の使…

  4. 121263859_3937183669643490_7340431663986686390_n
    「ヤマモト食品」と「海と日本PROJECT」のコラボ商品…

    青森市で水産加工品の製造、販売をしている会社といえば!? そう「ヤマモト食品」さんですよね!青森に住…

  5. t
    むつ市「おおみなと海自カレー」がいま熱い!!下北の海を目…

    「大湊(おおみなと)海自カレー」という「海にまつわるご当地グルメ」が、青森県の下北半島むつ市から発祥…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP