レポート

【インタビュー】「この自然いっぱいの海町で生きていきたい」青森県外ヶ浜町で「手もみ処 葉」を営む「工藤彩乃さん」

R0001220-2

「目の前に大好きな海があって、すぐ裏には山があって、青森は本当に天国みたいな環境です」

県外から青森県に移住し、現在は外ヶ浜町三厩地区でマッサージのお仕事を営んでいる「工藤彩乃(くどうあやの)」さん。

休日や仕事の息抜きで、すぐ近くの海浜公園に出かけるという彼女に、今回はインタビューをさせていただきました。

■陸奥湾を全身で感じる「海ヨガ」

工藤さんは静岡県出身。首都圏のマッサージ店などで修行をされ、更なるスキルアップの為にタイ王国など海外へも行った経験があるそうです。

忙しい仕事の合間に時間ができると、息抜きによくやって来るのが「三厩義経海浜公園」

ここで海を眺めたり、昔からの趣味である「ヨガ」をし、心身のバランスを整えるなど、自分と向き合う時間を作っているそうです。

義経海浜公園は夏期シーズンは海水浴場となっていて、芝生もとても綺麗に整備されています。

目を閉じて波や風の音を聴きながら行う「海ヨガ」は、室内で行うのとはまた違ったリフレッシュができるのだとか。

■手もみ処「葉」の代表

工藤さんの現在の職場は、海からもほど近い場所にある「外ヶ浜町三厩健康増進センター・みんまや よしつねの湯」の中にあります。

数年前にできたばかりのこの綺麗な温泉施設の、入り口を入ってすぐ右手の方にあるのが工藤さんのお店「手もみ処 葉」です。

ここで「ボディケア(手もみ)」「リフレクソロジー(足ツボ)」そして本場タイ王国で修行をした「タイ古式マッサージ」を受けることができます。

東洋医学では体の中で「気」が流れるエネルギーラインを「経絡」(けいらく)」と呼び、その経絡の中で神経が集まるポイント(ツボ)を押すことで周辺の神経が反応します。

そうすることで自律神経や臓器器官の働きを回復し、人間が本来持っている自然治癒力の回復を図るそうです。

「この仕事は本当に、私の天職だと思ってます」という工藤さん。

私も実際に一通りの施術を受けたのですが、気持ち良すぎて「永久にマッサージをしてほしい」と思ってしまったほど、素晴らしい技術の持ち主でした!

■豊かな自然に囲まれて生きる

Q.ところで、静岡県出身の工藤さんがどうして青森県外ヶ浜町三厩地区に移住することになったのでしょうか?

工藤さん:実はうちの主人の出身地がここ、外ヶ浜町三厩地区なのです。結婚して出産を機に、主人の地元であるここへ移住することを決意しました。

Q.青森県に移住してみて、色々と戸惑わなかったですか?

工藤さん:戸惑うどころか、家のすぐ目の前にとても綺麗な陸奥湾があることに、まず感動しました。私が生まれた静岡県の海よりも透明度が高いのか、澄んだ青い海に心が踊りました。

Q.海へ遊びにきて、何か感じることはありますか?

工藤さん:晴れていて海が穏やかな日もあれば、強風で荒れて怖いなと思う日もあります。でもそれが全て自然本来の姿なのかなって思うようになりました。

それから少し残念に思うのは、砂浜に「海ゴミ」がよく流れ着いてしまうことですね。小さいものから大きな物まで。自主的に拾ったりもするのですが、処分の仕方がわからなくて自宅の車庫に置きっぱなしになってしまって「さてどうしよう?」と困ることもあります(笑)

Q.この三厩地区でマッサージのお仕事をしてみてのご感想を教えてください

工藤さん:温泉にやってくる常連のお客さんたちの中には、三厩地区以外にも青森市、弘前市など、遠くからわざわざ来てくれる方もいらっしゃいます。

または出張で北海道などからいらっしゃる方も。最初は興味本位で受けてくれた方も「足ツボマッサージって、こんなに気持ちいいの!?」と感動してくれる方もいらっしゃいます。

Q.私も実際に初めてマッサージを受けてみて、とても身体が軽くなりました。

工藤さん:私は「心と身体を癒やす」という事をテーマに、ホスピタリティ精神を持って「お客様の現実に寄り添う施術」を日々心がけております。

お客様の職業や生活環境などによって、疲れが溜まりやすい箇所がそれぞれ違います。施術をしながら対話をして、心からリラックスしてもらえると嬉しいですね。

Q.「リフレクソロジー(足ツボ)」は特に「ちょっと痛くて気持ちいい」と思いました

工藤さん:リフレクソロジーは「痛い」=「効果が高い」とは限らないです。英国式のリフレクソロジー等はとてもソフトに施術しますが、しっかりと効果はあります。

確かに、お疲れの部分に関係する反射区は痛く感じると思いますが、力加減はお申し付け下されば調整致しますのでご安心下さい。もっと痛く(強く)することも可能ですよ(笑)

Q.「海の町」で、これからも楽しく生きていけそうですね!

工藤さん:まだ小さなうちの2人の子供を育てるのにも、外ヶ浜町は最高の環境だと思ってます。海はもちろん、私は小さい頃から山も好きで、今でも1人で山へ山菜を取りにいったり、山野草を見に行ったりします。この山の自然がそのまますぐ目の前の陸奥湾に流れ出て、豊かな大自然を作ってくれてるんだなぁ。といつも思います。

そいえば小さい頃からよく、海と山がすぐ近くにあるどこかの町で、将来生活するような夢を見た気がします。もしかしたらそれは、この三厩地区だったのかもしれませんね(笑)

■手もみ処「葉」

住所:青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩新町100 「みんまやよしつねの湯」内

予約・お問い合わせ電話番号:070-4327-0018 

定休日:火曜日

公式ホームページ:https://yoh.storeinfo.jp/

公式インスタグラム:https://www.instagram.com/yoh_relaxation/

ライターハリヤマが施術を受けた際の動画はこちら:https://youtu.be/OIZ7Xf5Q2Eg

イベント名【インタビュー】「この自然いっぱいの海町で生きていきたい」青森県外ヶ浜町で「手もみ処 葉」を営む「工藤彩乃さん」

レポーター紹介

ハリヤマカズキ
故郷の青森市を拠点に写真家&ライター活動をしている。季節に関係なく全身で海を感じ、海産物に囲まれていると幸せを感じる。 
  • 「【インタビュー】「この自然いっぱいの海町で生きていきたい」青森県外ヶ浜町で「手もみ処 葉」を営む「工藤彩乃さん」」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=3570" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 20220910_121015
  2. wando1
  3. ootakayama4
  4. hotate2
  5. 20220825_135357
  6. situnaiasobi1

Pickup

  1. 20220910_121015
    「スポGOMI甲子園」青森県大会 青森山田高校が優勝

    海洋ごみ問題への気付きをテーマにしている「スポGOMI甲子園」 次世代へ海を引き継ぐために海を介して…

  2. wando1
    買い物・食事・相撲!?海の駅「わんど」

    鯵ヶ沢町の海水浴場からもう少し西へ進んだところ、漁港近くの中央公民館に隣り合うかたちで海の駅「わんど…

  3. ootakayama4
    海の町・鯵ヶ沢が誇る巨大公園「大高山総合公園」

    海の町・鯵ヶ沢には、西津軽に住む子育て世代にとって聖地のような、大変ありがたい巨大公園があるのです。…

  4. hotate2
    青森がホタテ大国と呼ばれる理由とは?青森のベビーホタテを…

    青森県で有名な魚介類というと、まず出てくるのがホタテではないでしょうか。県内どこでもなじみのある食品…

  5. 20220825_135357
    縄文時代から現在に至るまでのむつ湾の食文化と漁法体験

    8月25日青森市立荒川小学校6年生のみなさんが縄文時代から現在に至るまでのむつ湾の食文化と漁法を体験…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP