レポート

鯵ヶ沢で、のんびり海を眺めながら”夫婦デート”♡

ajigasawa25

ある日の土曜日、私達夫婦2人きりの休日。
風がそよそよと気持ちいい。天気は晴れ。空は青い。

ふと、「夫婦でのんびり、海デートをしたいなぁ」と思いたちました!
海水浴期間が終了したこの時期にのんびり過ごせそうな海デートと言えば…“鯵ヶ沢海水浴場”♪
「隣には、はまなす公園もあるし海も緑も感じられて一石二鳥だね!」なんて話ながら、車でいざ出発!

■鯵ヶ沢海水浴場とは

青森県鯵ヶ沢町にある、海水浴場です。
鯵ヶ沢海水浴場へは、JR五能線鯵ヶ沢駅を降りて徒歩5分程度で来ることができます。
はまなす公園が隣接しているので暑い夏も木陰で涼みながら海水浴場を眺めることができ、ゆっくりした時間を過ごすことも可能です♪

毎年7月中旬~8月中旬は海水浴場開設期間となっていて、監視員が常駐しているので安心して海を楽しめます。

■鯵ヶ沢海水浴場には無料駐車場があります!

海水浴場の隣には無料駐車場があるので車でのアクセスも問題ありません♪

■青い海!白い砂浜!広々と見渡せる地平線!!

海水浴場を見渡すと、そこには広々とした海が!
真っすぐな地平線を見渡して深呼吸をしてみると、心が解放感に充ち溢れました!
海水浴場開設期間が終わっていたので、海水浴で賑わっていた砂浜は落ち着きを取り戻していました。
この日は天気がよく、そよ風も吹いていてとても気持ち良かったです♪

波も強すぎず弱すぎず、ザザザァーという海の音をじっくりと耳で楽しむことが出来ました。

夫と2人、まだ恋人だった頃に海デートをした事を思い出しながら海辺の散歩を楽しみました。
「あの頃みたいに、砂浜に絵とか名前を書いてみる?」なんて言いながら(笑)

砂浜は、細かい綺麗な砂でした!
砂でトンネルを作ったりお城を作ったり…砂遊びをしたら楽しそうだなぁと思いながら海辺を散策♪

貝殻や丸石があったりして、子どもの頃の記憶が2つ蘇りました。

1つ目は「貝殻を耳に当てると“さざ波の音”が聞こえるよ」と、父から聞いて耳を澄ましてみたこと…
波の音が聞こえるような?聞こえないような…?
「お父さん、お母さん!波の音聞こえるよ!凄いね!」と言ったら笑った両親の顔。
今では親になった夫と私が子どもに向けてその顔になります(笑)

もう一つの思い出は、子どもの頃に夢中でシーグラスを探した事です。
子どもの頃は海にシーグラスがたくさんあったので沢山拾い、貝殻と一緒に小瓶にしまっていました。
海で見つけた宝物達です。

シーグラスは何年も何年も波に削られて、角が丸くなったガラスです。
最初は角があったシーグラスが丸く、曇りガラスになった歴史を思うと、なんだか我が家みたいだなと思いました(笑)
何年も連れ添って双方の考え方の角が取れ、だんだん丸くなる…とか。
シーグラスのように、何年経っても内側からずっとキラキラしていたいものですね(笑)

足元を見てみると、海水がキラキラと輝いていました!
鯵ヶ沢の海は透明感があって素敵だなと思いました。

海水浴シーズンが終わっても、カップルや家族で遊びに来ている方もいて青森の人々にとって海は身近なものなんだなぁと再認識しました。
次は子どもと一緒に遊泳してみたいなぁ♪

■鯵ヶ沢海水浴場の防災について

海水浴場には万が一に備えて、津波避難場所案内の看板がありました。
海水浴場からは無量庵と石上神社が避難所のようですね。
防災行政無線もありました。
防災放送がされた場合も海水浴場周辺に声が届くので海を楽しんでいる方にとっても、近所に住む方にとっても安心材料になりますね!

■はまなす公園を散策!

海水浴場の隣には、はまなす公園があります。
公園内には楽しく遊ぶための注意事項がいくつかあります。
綺麗な公園を保つためにもルールを守って楽しみましょう♪

公園からは海水浴場を眺める事ができます。
緑がたくさんあり日陰になっているので、とても涼しかったです!

はまなす公園を少し歩くと監視員小屋がありました。
海水浴場開設期間は、ここから海を監視しているのですね。

監視員小屋の奥に進むとトイレがありました。

男性用トイレと女性用トイレの前には、各2個ずつ蛇口のある『足洗い場』がありました!
海水でベトベトしてしまった足をキレイに洗い流すことができるので安心ですね。

はまなす公園は芝生や木陰でのんびりしたり、涼んだりできる癒しの空間です。
休憩スポットもあるので腰を下ろし、海を眺めながら他愛もない話をのんびり楽しむことができます。

はまなす公園の端へ立って海水浴場を眺めてみると、改めて海の広さを実感することが出来ました!
端まで歩くだけでもいい運動になりますね♪
端に立ってふと足元を見ると…

やっぱり透き通っている海!
改めて鯵ヶ沢の海は透き通っていてキレイだと実感しました。

水面を眺めていると、凄い事に気づいてしまいました!

階段が“波のデザイン”になっている~!!
まるで『海へ続く道』のように感じられて素敵でした♪
しかも、階段の間には水の逃げ道があります。階段に水がたまって滑らないようになっているのですね!
こういう、ちょっとした工夫が人々の安心感を生み、感動を倍増させます!
階段づくりに携わった方々の優しさを感じました。

階段を上って海を見渡していると夫が「キレイな花と、美味しそうな実が成っている」と教えてくれました。

見てみるとピンク色のお花と真っ赤な実がありました。
「もしかして、“ハマナスの花と実”じゃない?」と夫が言うので調べてみると、本当にハマナスの花と実でした!

ハマナスとはバラ科の植物で、別名ハマナシとも言います。
夏に赤い花を咲かせ、ハマナスの根は染料、花はお茶、果実はローズヒップとして食用となるそうです。

ハマナスの語源は、海岸の砂地に生えて熟した果実がナシのように甘酸っぱいので『ハマ×ナシ=ハマナシ(ハマナス)』とした説等があります。

ハマナスの花が咲くから“はまなす公園”という名前なのだと、1つ知識が増えました(笑)
土ではなくて砂の上に咲いていた花に違和感があったのですが、ハマナスが海岸の砂地に生えるからという理由があったのですね♪
実が美味しそうといった夫は、“野生のカンが鋭い…サバイバルになっても一緒にいれば安心かも”と思いました(笑)
まさか本当に食用だったなんてね…

■新設海浜公園も散策!

はまなす公園の橋を渡ると新設海浜公園があります。
新設海浜公園は日本海拠点館に隣接していて、海水浴場はもちろん芝生広場、温水シャワー、更衣室、ロッカールーム、トイレ、無料駐車場があるので大変便利です。

海水浴場にはブイが設置されているので遠くに流される心配がなく、海水浴期間は監視員が常駐しています。
砂浜が広く、サラサラとした砂です♪
簡易テントの利用も可能なことから大人にも子どもにも人気のあるエリアのようです。

空と海がキレイだなぁと思いながら上を見ていたら、またまた発見してしまいました(笑)

宙を泳ぐ「鯵」!!
そう!ここは鯵ヶ沢ですからー!!
こういうシャレ…大好きです(笑)

その他にもイルカモチーフもありました(笑)
こちらはとても可愛いデザイン♪

いろいろな驚きや感動があって面白いなぁ!
こういったデザインセンスのある鯵ヶ沢が、更に好きになりました(笑)

シャワー室の前には休憩スポットがありました。
1つ1つの間隔が広いので隣を気にすることなく、のんびりできます。

鯵ヶ沢の海には、思いっきり遊べる広い海とキレイな砂場、癒しの休憩スポット、涼める場所、沢山の感動がありました。
恋人だった時と夫婦になり家族を持った今では、2人の海に対する感じ方や話す内容が変わっていましたが、そこがまた楽しい経験となりました!

たまにはのんびり2人だけで海デートをするのもいいですね。

キレイな海を未来へ繋ぎ、将来はおじいちゃんおばあちゃんになった時も変わらぬ海で再び思い出作りをしたら楽しいだろうなぁ…とずっと先の事を思いつつ、次は子どもと一緒に楽しんで家族の思い出の場所にしたいと思いました♪

イベント名鯵ヶ沢で、のんびり海を眺めながら”夫婦デート”♡

レポーター紹介

タナカ チヒ
ある時はフリーランサーとして。
またある時はパートとして。
そしてまたある時は製造系の自営業を営む、2児の母。

青森の海には、美味しいものがたくさんあるので食べることに幸せを感じます♪
  • 「鯵ヶ沢で、のんびり海を眺めながら”夫婦デート”♡」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/article/?p=4257" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. DSCF0640
  2. DSCF0801
  3. R0010421
  4. dav
  5. ichie1-1
  6. kousaku31

Pickup

  1. DSCF0640
    【女子旅】海の温泉街、魅力再発見〜青森市 浅虫温泉地区〜…

    多くの青森市民にとっては、海に面した温泉街「浅虫温泉地区」は、幼い頃からの見慣れた街並みです。でも、…

  2. DSCF0801
    あぁ尻屋崎 〜アヴェとバイクと、親子の時間〜

    「本州の最果て」とも呼ばれる、青森県東通村尻屋崎。青森県の中でも「私が特に好きな海スポット」と思って…

  3. R0010421
    【暮れていく陽を眺める時間】野辺地町 常夜燈公園

    青森県に住んでいると、常に身近にあるような、海辺の光景。その日常の中に、新たな発見があるかもしれませ…

  4. ajigasawa25
    鯵ヶ沢で、のんびり海を眺めながら”夫婦デート”♡

    ある日の土曜日、私達夫婦2人きりの休日。風がそよそよと気持ちいい。天気は晴れ。空は青い。ふと、「夫婦…

  5. スクリーンショット 2021-09-12 14.05.28
    海も近く、気持ちのよい林間サイト「三厩やすらぎ公園」

    まだ肌寒かった春先の頃。少しだけ早いかな?と思いつつ、一泊でソロキャンプを楽しみたくなり、陸奥湾沿い…

海と日本PROJECT in 青森県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://aomori.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://aomori.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 青森県</a></iframe><script src="https://aomori.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP